プロの収納アドバイザー集結

収納記事 子ども部屋

  • 大原 友美 大原 友美
    2018/01/10 12:57

    子どもには、わかりやすく!

    子どもになんとか片づけさせたいと思っているママさんは、多いはず。
    片づけさせたいと思っていても、やらなかったり、遊んでしまったり、やったといっても全然片づいてなかったり・・・。
    ママさん、1人でイライラってしちゃいます。

    そんなママさんのお宅に伺いました。
    小5のお姉ちゃんと、年中の弟くんの2人のお子さんのお部屋のお片づけです。

    もっと見る

    困りごと・要望

    講座に何度も足を運んでくださった方が、お子さんに片づけできるように仕掛けようとするのだけど、うまくいかない。
    なんとか、子ども部屋、机のまわりを片づけできるようにしてほしいとのことです。

    詳細内容

    お子さんと一緒に取り掛かります。
    どんな机にしたい?
    とイメージを聞きます。
    「キレイ」「勉強しやすく」「広くしたい」
    と、お子さんなりの理想があります。そんな言葉を拾いながら進めていくといいですね。

    机の上のモノは、帰る場所がはっきり決まっていません。 ランドセルは、床に置かないほうがいいけど、モノを出し入れするには、引っ張り出さないとできません。
    机のモノを全部出します。 お子さんの判断には、否定はしないこと。 自分なりの軸でしっかり使う・使わないを分けていきます。
    この机を使うお子さんの使い勝手をしっかり聞いて、一緒に収納場所を決めました。 親が思うより、子どもはできるのです。 どうしても、急かしたり否定したりしてませんか? お子さんが自分でできるようになるためには、じっくりやってみることは、とても大切なことです。お子さんは、自分でできた!自分で決めた!ということで、自信もついて、片づけに積極的になっていきました。 お子さんに片づけさせたいなら、見守る姿勢が大切です。
アドバイザー募集中
イベントを探す
サービス