プロの収納アドバイザー集結

アドバイザー 大橋 わか  の記事一覧

  • 大橋 わか 大橋 わか
    2018/05/08 10:09  収納記事

    管理いらずの名刺管理

    名刺管理ってどうやっていますか?

    名刺管理は様々試行錯誤してきました。

    最近はとにかく手間をかけずに管理し、探し出せればおっけー!という管理方法にしています。
    シンプルでとにかく手間がかからないのでご紹介したいと思います!

    もっと見る

    詳細内容

    【収納ケース】

    一番最初は名刺専用のポケットファイル。
    →とても使いやすかったのですが、枚数が増えてきたらとにかく場所をとる!
    →いらなくなった名刺をポケットファイルから取り出すのが結構時間がかかる

    名刺専用の収納ケースを購入
    →ただ、やはり名刺が増えたらケースに入りきらなくなり困る

    【カテゴリーわけ】
    あいうえお順にしていましたが、そもそも名前を思い出せない笑
    →メーカー名などカテゴリーで分けてみたら探せるようになる

    →データ管理にトライ。スマホで読み込んだりスキャンしたり。
    悪くはないが誤字を修正するのが面倒になりスキャンすることが億劫になり、スキャン待ち名刺がたまる

    【結果】
    よく考えたら、名刺をスキャンしたり綺麗に収納する時間と、大量の名刺を実際に使う確率を比べたら
    時間の方がかかってないか?と思いアナログに戻る。
    で、結局アナログに戻ったのが今の形です。 無印の整理トレイは名刺のサイズにぴったり! しかも1個200円前後。仕切りも増やせるし、何よりすぐに買い足せます。
    見やすい方向に入れているだけ
    フィルム付箋なら簡単に移動もできます。名刺に貼っても邪魔になりません。
    カテゴリーの中から探しますが、数秒です。 枚数が増えたらカテゴリーをさらに分けて探す時間を減らします。 その際にもう要らないな、、と思うものやアドレス帳に入っているものは減らします。 よく使う名刺や、後で使いそうだなと思う名刺には黄色のフィルウ付箋を貼っておけばなお探しやすい。 ということで、今は名刺をできる限り収納しない名刺管理でやっております。 名刺たくさんあるけどほんと面倒!! でも見つからないのは困るのよね。 って方におすすめです。
  • 大橋 わか 大橋 わか
    2018/03/01 21:00  ブログ

    後回し体質でも行動を起こせる仕組み

      私の理想は…   やるときやはやって休みの日は休む 資料などは期限前にもう一度見直す お客様の希望納期より前倒しで提出する そんな人生!   現実は… 休みが3日あると3日目の昼くらいからやばいぞーとか思いはじめて夜になったら手をつけるんだけど睡魔に負けて途中で寝てしまい朝少しだけ早
    もっと見る

     



    私の理想は…



     



    やるときやはやって休みの日は休む



    資料などは期限前にもう一度見直す



    お客様の希望納期より前倒しで提出する



    そんな人生!



     



    現実は…



    休みが3日あると3日目の昼くらいからやばいぞーとか思いはじめて夜になったら手をつけるんだけど睡魔に負けて途中で寝てしまい朝少しだけ早く起きてなんとかギリギリ間に合わす。



    そんな人生(。-_-。)



     



    多くのことが滑り込みセーフ。



    大抵はなんとかなった。(と思ってる)



     



    だから、最悪の場合を想定せず、最もうまく行った時を想定して物事をやり始める思考癖が強い。



     



    プリンターが詰まったとか、インクが切れたとか、電車が遅れたとか、忘れ物したとか…ちょっとしたトラブルが起こるいきなりとアウト。



     



    どれだけ迷惑をかけてきたか数知れず。



     



    その度に前倒しで考えられる人になりないと日々思う。



    だけど、やっぱり出来ない。



     



    苦手なことや気の進まないことはすぐに行動できないんです。



     



    なんとかなると思ってしまう性格なんです。



     



    不安症の人は失敗したらどうしようと思ったら怖くて練習せずにいられないと聞きますが、それって私みたいな楽天家には羨ましいスキルのひとつなんです。



     



    【そんな私が身につけた、つい先延ばしにしてしまうことをやるための仕組み】



     



    成功体験をと振り返ってみると、私の場合、それをやらざるを得ない環境に身を置いた時が行動を起こしています。



     



    具体的に言うと、



     



    パソコンの電源コードををあえて持ち歩かない。



    すると、バッテリーが切れるまでが勝負!と集中できる。(Facebookでいいね!してる暇なし)



     



    定期的に人を呼ぶ。



    掃除せざるを得なくなり朝から猛スピードで片付けて掃除する。(毎回やればすぐなのにね…と思う)



     



    事務仕事するために人を雇って一緒にする。



    1人でも出来ることだし時間もある。だけど、あえて時給を支払って短期集中する。(子育てママなので遅くなれないのが却って良かった)



     



    ボタンつけとか、裾上げとか自分でも出来るけど好きじゃない。



    やろうと思って一ヶ月たってた!なんてことになる性格だから、さっさと有料のお直しに出してやってもらう。



    ミシンはあえて持たない。



     



    クリーニング。



    お安くて丁寧なお店に本当は持って行きたいけど、普段歩く道に無いから面倒でたまっちゃう。



    なら少しお高めでも行動範囲に入ってるお店にマメに持っていく方が効率的と割り切る。



     



     



    ポイントカードは最低限にして財布に入るだけ。



    ポイントに振り回される時間がもったいないぞ!と自分に言い聞かせる。(毎回コープでポイントカードを薦められるけど)



     



    コタツ大好き!でも根が生えて動かなくなるから置かない。



    オイルヒーターは電気代が高いけど、その分眠くならないし動くのが苦にならない。



     



    全ての山は登れない!



    その代わり絶対登りたい山だけは登りきるのだ!!



     



    と、何事にもたいそうな建前を言いながらサヨナラ~



     



    システムづくりは、収納づくりのように目に見えることだけじゃなくて、



    どうしたらやりたいことができるのか?失敗を減らせるのか?を考えること。



     



    後回し体質を変えるには、それぞれの成功体験を元に、後回し体質でも出来る仕組みを取り入れてみて!



     



    体質がなかなか変わらないなら、環境から変えてみる。



     



    結構オススメです(o^^o)


    いいね
    27
  • 大橋 わか 大橋 わか
    2018/03/01 10:05  収納記事

    フニャフニャカバンでも探し物ゼロにする方法

    最近はカッチリしたカバンより、くたっとした大振りなカバンが人気ですよね。

    でも。。
    中がごちゃごちゃになって、財布やポーチがすぐに出てこない!!
    なんて経験ありませんか?
    女性ならきっと皆さんあるはず!

    バッグインバッグを使ったこともあるのですが、その日によって持っていきたいモノが変わるのでいちいち入れ替えるのが面倒。
    入れたいモノに大きさが合わなかったり、大きなモノが入りきらなかったり、果てにはバッグインバッグの中で探し物したり。
    バッグインバッグそのものが場所をとるのも嫌でした。

    【カバンは上から見るので、引出しを上から見ているのと同じこと】

    「引出し収納のセオリーは上から見たときに全てが分かるようにする」こと。

    だから基本立てて収納します。

    畳んだ衣類も立てて収納すると見やすくなりますよね。

    カバンの中も立てたらどうよ?ということで100均カゴを入れてみました。
    もっと見る
    これはが。。いいんです!
    メイク道具、モバイル類は用途ごとにポーチに入れて。それ以外も傘やサングラスも全てそのままイン。 お〜。いっぱい入る〜。しかも見やすい! これを取り入れてから仕切りが全くないカバンでも探し物が無くなりました! カゴが仕切りの役割を果たすので外に入れたペットボトルや雑誌も倒れません。 これから活躍する大きなカゴバッグにもお薦めです。 カバンの中で探し物している人は是非一度やってみてね。
  • 大橋 わか 大橋 わか
    2018/02/26 10:10  収納記事

    100グッズを安っぽくなくキレイに見せる方法

    100円グッズは便利で助かりますが、どうしても安っぽさは否めません。見えるところには好き嫌いが出ますよね。

    見た目も機能もこだわるなら

      透明が秀逸!!

    黒、ピンクや緑、柄物など様々ありますが、出来る限り透明で揃えるようにしています。

    サイズ的に全て揃えるのは無理なので、半透明か白も取り入れていますが、引出しの仕切りは特に透明が絶対おすすめ。

    透明ならメーカーや形が違っても統一感が出るし、不思議と安っぽさが少ない気がします。
    もっと見る
    アクセサリーをセリアで買ったしきりトレイに。 こちらはサイズバリエーションもあるし、スタッキングできるので、安全ピンやクリップの仕分けにもおすすめ!
    引き出しは、出し入れする際に中が揺れるので、仕切りは必須! こちらもセリア、キャンドゥで変えます。 あまり使わない化粧品や電池、メモなど、仕分けが甘くても、見渡せればおっけーです!
    いいね
    13
    お気に入り
    (1)
  • 大橋 わか 大橋 わか
    2018/02/13 10:05  ブログ

    いつか使うかもと思うと捨てられない 時に考えること

    捨てると二度と手に入らないかも いつか使うかもと思うと不安になる そんな時は 「これを手放したらどんな弊害があるかな?」 と 「これを持ってることでどんな弊害が起こっているかな」 を天秤にかけてみましょう! やらないことで 捨てることで どんな弊害が出るのか? 残すことで、あれこれやろうとすることでどんな弊害が出ているのか? どちらが嫌か比べてみると見
    もっと見る
    いいね
    19
  • 大橋 わか 大橋 わか
    2018/01/15 10:00  イベント

    2/7 大好評につき3回目開催!かんたんデザイン~自分で作れる!チラシデザインのきほん~

    もっと見る
    イベントタイプ セミナー
    持ち物 筆記用具
    場所 おうちデトックスオフィス   南青山6−12−3南青山ユニハイツ205(表参道徒歩10分)
    受講料 5000円(税込)事前振込
    募集人数 8人
    開催日時 2018/02/07 10:00 ~ 12:00

    詳細内容

    ■どんな講座?
    集客用チラシを作る際に、どう考え進めたらやり易いか、見栄えを良くするためにどうすればよいかをお伝えします。
    チラシデザインきほん編となります。
    このきほん編ではアプリケーションの操作方法は含みません。

    ■勉強会で得られること
    お客さまが読みやすいチラシがどういうものか理解できる
    チラシを作るステップがわかり、自分で作ることができる

    ■こんな方にオススメ
    セミナーやイベントにチラシを使って集客したい方
    デザイン初心者向き。
    セミナーや講座のチラシを自分で作ったことがある方・作りたいと思っている方。
    デザインについて知りたい方

    ■講師
    藤井知美/Tomomi Fujii
    デザイナー、整理収納アドバイザー。

    広告制作会社に5年間勤務後、フリーランスデザイナーとなる。フリーとなり自宅でデザイン業をするうちに、仕事のもの・家のものが乱雑になっていく。その為片づけ方を学んでみようと思い、お片付けの効果を実感。プロの資格を取るに至る。

    ■過去のデザイン実績
    生保系パンフレット、学校案内パンフレット、会社案内パンフレット、アパレル冊子、博物館・美術館のポスター・チラシ、キッチンメーカーのロゴ制作、病院・飲食店などの開業用ツール一式など。

    最近ではハウスキーピング協会の海外用チラシを制作。
    いいね
    5
  • 大橋 わか 大橋 わか
    2018/01/12 10:00  イベント

    2/3 間取りをちゃちゃっと書けるようになりたい! マドリストMaoの作図レッスン

    この道30年! マドリストMaoの作図レッスン 簡単な部屋の図面が自分で描けるようになります。 整理収納のプロの方におすすめです!
    もっと見る
    イベントタイプ セミナー
    持ち物 シャープペンシル・&消しゴム、フリクションボールペン赤・青、三角スケール、グリッド目盛付透明のものさし、スチールメジャー(コンベックス)
    場所 おうちデトックスオフィス(表参道駅徒歩9分) 港区南青山6−12−3 南青山ユニハイツ205 


    受講料 5000円(税込) 事前振込
    募集人数 8人
    開催日時 2018/02/03 13:00 ~ 15:00

    詳細内容

    サクッと「間取り図」が描けたらいいなあ~と思っている方向けの、 実習型の作図初心者レッスンです。

    ■どんな講座?

    お客様のお宅に訪問の際の、記録を間取り図に残したい。 自分の部屋の模様替え、家具を動かす前に机上でちゃんと考えたい。 でも、部屋の図面描くのって難しそう…そんな方の為に、初心者レッス ン。 作図のポイント教えます。

    ■こんな方にオススメ

    お客様宅訪問の際に図面がサクッと描きたい、収納アドバイザー初心者 の方、 お部屋の模様替えや収納計画を自分で考えたいインテリア好きの皆さま
    まづはちゃんと採寸できるようになります。

    ■勉強会で得られること

    簡単な部屋の図面が即描けるようになる見どころ、ポイントがわかり、 自分で描けるようになります。

    整理収納のプロの方におすすめです!

    詳しくは
    http://ouchi-detox.com/c-seminar/6842
    いいね
    5
  • 大橋 わか 大橋 わか
    2018/01/07 20:30  ブログ

    2018年は皆様にとって一言で表すと何ですか?

    皆様にとって 2018年は一言で表すと何ですか? おうちデトックスは一言で表すと 2016年は『始』 2017年は『動』 そして、 2018年は『作』。
    もっと見る

     



    チームでやります!と言ってから1年と5ヶ月。



    始めたからにはと、出来ることを手当たり次第やってみました。

    
今年は、始めたことを続けられるよう、仕組みづくりに力を入れて土台を固めていきます。



    私自身、未来が見えない部分も正直あります。

    でも未来が見えないからこそ面白い!



    私もスタッフもスキルアップする仕組みを作り、おうちデトックスだからできるサービスを作っていきます。



     



    大橋は「作」を意識して一年頑張ってみようと思います。



    収納の仕組みができれば、暮らしやすくなることは実証済み!



    仕事も仕組みができれば、スタッフが働きやすくなり、お客様により質の高いサービスを提供出来るはずですもの!



     



    2018年は皆様にとって一言で表すと何ですか?



    皆様にとって実り多き一年になりますように。



     


    いいね
    3
  • 大橋 わか 大橋 わか
    2017/12/01 18:25  収納記事

    実用とインテリアを兼ねたお気に入りのブックスタンド

    見せる収納と隠す収納

    見せる収納が本当は好き。

    だけど、どうしても埃との戦いに勝てません( ̄∇ ̄)

    なので最近は、ディスプレイしていた雑貨をどんどん減らしています。

    そんな中でも、残しているのがこのブックスタンド。

    やはりお気に入りは出しておきたくなりますね〜〜

    このブックスタンドはイタリア製で以前勤めていた会社で販売していたものを買いました。
    一個1.5万円くらいだったかな?

    見栄えしない雑誌や本は、おしゃれなインテリア雑誌や洋書と一緒に紛れ込ませておけば、実用と装飾を兼ねてくれるのでお気に入りです。



    飾るだけの雑貨は埃だらけにしてしまうんですー!という方!

    ティッシュケースやブックスタンドやゴミ箱など必ず外に出ているものこそ奮発!

    実用と装飾を兼ねたステキ雑貨はオススメです!
    もっと見る
    いいね
    13
    お気に入り
    (1)
  • 大橋 わか 大橋 わか
    2017/11/14 21:00  ブログ

    捨てるのは残すより思いやりがいる

    最近、母が保管していたものを、捨てるのか残すのか確認される事が続いている。   高校卒業時の新聞 大学合格通知 調べたのであろう大学に丸印を付けた岡山の地図 名簿などなど。   私はあまり自分の過去のものに思い入れが少ないので、思い出系の多くはサヨナラする方ですが、母にとっては子供のものだからこんなに長く保管してくれていたのでしょう。
    もっと見る

    最近、母が保管していたものを、捨てるのか残すのか確認される事が続いている。



     



    高校卒業時の新聞



    大学合格通知



    調べたのであろう大学に丸印を付けた岡山の地図



    名簿などなど。



     



    私はあまり自分の過去のものに思い入れが少ないので、思い出系の多くはサヨナラする方ですが、母にとっては子供のものだからこんなに長く保管してくれていたのでしょう。



     



    丁寧に残してくれていた紙類。どうする?!



    歳をとったときに懐かしむ為にアルバムに入れる?



     



    わからなかったので数ヶ月、目の届くところに置いてみました。。



    で、SNSで保管することにしました。



     



    父はモノが本当に捨てられずいつもモノに囲まれた部屋で過ごしていました。



    母はモノが捨てられないけどマメにリメイクしたり模様替えしたりと常に整理整頓をしている人でした。



     



    あ…



    2人とも生きてますが(´⊙ω⊙`)



     



    何も言いませんが、子供に迷惑をかけないよう親なりの考えで身辺整理を続けていることはわかっています。



    先日はお墓を永代供養に。



    父母の年齢的には勇気のいる事だったようで何年も悩んでいました。



     



    責任を持って【どうするのか】決める。



    手放すという決断に【とりあえず残す】より、思いやりを感じます。



     



    沢山のものを保管してくれた父



    それをマメに整理してくれている母



     



    人の事もモノの事も考えているからこその行動だと親を見て思うのです。


    いいね
    11
アドバイザー募集中
イベントを探す
サービス